未分類

I empathize with the reason why yama hides his face! Which gender is it? Check your real name and profile!

yama

yamaは、日本の女性シンガーソングライターです。彼女は主に音楽ストリーミングサービスやYouTubeなどのプラットフォームで活動しており、特に「春を告げる」という楽曲で注目を集めました。yamaはメディアへの露出を控えめにしており、顔を隠すスタイルを貫いています。彼女が顔を隠す理由については、プライバシーを保護するためだけでなく、音楽に焦点を当て、外見や性別に関係なく作品を評価してもらいたいという願いがあると考えられます。

yamaの本名や個人的な詳細は公表されていません。彼女はプライベートを重視しており、音楽を通じてファンとコミュニケーションをとっています。そのため、彼女の性別や本名、具体的なプロフィールについては、一般には知られていません。

As an artist, yama attracts many fans with his mysterious character and moving singing voice. Her music is characterized by her emotional lyrics and melodies, which resonate with many listeners. She is also known for singing her anime songs, such as the ending theme for the anime BEASTARS, “Pavement”.

Yama’s choice of a style that hides her face is part of her identity as an artist, and her mysterious presence attracts even more interest.

What kind of person is the currently popular artist yama?

素顔を出さないアーティストとして注目を集めるyama(ヤマ)

TikTokやYouTubeを中心に楽曲が話題となり、若い世代を中心に爆発的なヒットを記録しています。

This time, we will thoroughly investigate the mountain that is currently attracting a lot of attention!

yama
引用元:Instagram

In 2020, society changed in various ways due to the coronavirus pandemic.

音楽業界も例外ではなく、これまで以上にSNSが果たす役割が大きく変化した転換期だと言えますよね。

さて、そんな2020年に突如として音楽シーンに現れたのがyamaです。

ヒットのきっかけとなった楽曲「春を告げる」のミュージックビデオは2020年4月に配信が開始され、現在は総再生回数が1億回を超えた大ヒットを記録しています!

一方でyamaは動画内でも一切素顔を明かさない、仮面アーティストとしても話題なんです。

しかしyamaが有名になればなる程、その素性は気になるところでもありますよね。

それではyamaとは一体どんな人なのでしょうか。

yamaのプロフィール!

yama
引用元:Twitter


名前:yama(ヤマ)
誕生日:8月19日
身長:150cm前後?
好きなもの:動物(特に猫)

現在yamaのプロフィールとして公開されているものはこれくらいで、やはりベールに包まれている部分が多いですね。

yamaの性別はどっち?

yama
引用元:Instagram

yamaは素顔を隠しているためか性別もどちらか分からず、SNSでも「男性か女性かどっちなの?」とかなり議論されてきました。

確かに歌声を聞くと女性の歌声のような感じもしますが、テレビ出演していた際にyamaの喉仏を見て男性なのかな?と思う人もいたようです。

yamaの歌声は女性のものですが、今や加工で歌声は変えられるので歌声だけでは性別を判断することは難しいですよね。

一方でyamaはこれまでニュース番組等にも出演し、地声でインタビューにも答えています。

見た目での判断はやはり難しいですが、地声を聴く限りでは女性っぽいですよね。

またyamaのファンの多くは女性と認識しているため、女性だと考えてよいでしょう

関連記事  「りゅうちぇるはハーフではなくクウォーター!?父親と母親の国籍は」の真相とは?

yamaの年齢は?

yama
引用元:Twitter

yamaは自身の年齢も非公表としているため、現在の年齢は分かりませんでした

ただ、歌の世界に入る前までは普通に社会に出て働いていたことを明かしているため、高校生ということは考えづらいですよね。

SNSやネットの情報では20代前半というものが多いですが、yamaの雰囲気だとそのくらいの年齢の印象を受けます。

yamaの本名は?

yama
引用元:Twitter

年齢同様、yamaは本名も公開していませんでした

しかし以前から名字に関しては「山上」である可能性が高いと言われています。

というのも実は2019年3月に音楽ユニット「BIN」を結成し、ボーカルを担当しているyama。

binのツイート
引用元:Twitter

このSNSの投稿からも分かる通り、ボーカルを担当しているyamaは山上と表記されています。

もちろん山上というのもアーティストネームとして使っている可能性もありますが、SNSではyamaの名字が山上であると考えている人の意見もたくさんありました。

yamaが顔を隠すのはなぜ?

yama
引用元:Instagram

最近ではテレビ出演も増えてきたyamaですが、yamaはこれまで一度も素顔を公にしたことがありません。

yamaのことを知れば知るほどyamaの素顔は気になるところですが、実は素顔を隠す理由をインタビューで次のように明かしています。

yamaが顔を隠す理由①人前に立つことへの苦手意識

yama
引用元:Instagram

幼い頃から音楽が好きだったyamaは、一旦音楽とは別の道に進みます。

もちろん音楽は社会人になってからも続けていて、仕事をしながら休日は全て宅録をするために時間を過ごすようになります。

その後音楽一本で生活するようになりますが、好きな音楽を仕事にしていく中で避けては通れないのが、ライブで人前に立つことです。

yamaは人前に立つことに対する苦手意識がとても強く、次第にライブ活動が上手くいかなくなることもあったほどでした。

yama
引用元:Instagram

一方で自分自身に対して自信がなく、デビューする前から顔を隠して音楽活動をすることを決めていたyama。

結果的にyamaの所属事務所の担当者が顔を明かさずに音楽活動をすることを了承し、現在の目元のみを隠すマスクを着けることになりました。

yamaの音楽が好きで続けたいという思いと、人前に立つことへの苦手意識を理解してもらえる人と出会えなければ今のyamaはいなかったということですね。

yamaが顔を隠す理由②作品に対する思い

yama
引用元:Instagram

次にyamaが顔を隠す理由として、「(外見の)先入観なく楽曲を楽しんで欲しい」という思いが強くあるためです

yamaは楽曲を作る際にボーカルの技術やテクニック以上に、楽曲の歌詞をとても大切にしています。

また自分自身が生み出した楽曲に対してとても強い愛情を持っているために、音楽以外の情報が入ることで音楽を楽しめない状況にはなって欲しくないという思いも強いのでしょう。

楽曲とyama自身は別物として捉え、先入観に左右されず音楽を純粋に楽しんで欲しいというyamaの強い気持ちが、顔を隠す理由に繋がっているんです。

yamaが顔を隠すことに対するSNSの反応は?

yama
引用元:Instagram

最近ではyamaのように素顔を明かさないアーティストも増えてきていますが、yamaが顔を隠していることに対するSNSの反応はどのようなものなのでしょうか。

気になったので早速調べてみました!

https://twitter.com/HS_muziq/statuses/1563371594453766144
https://twitter.com/tantancha___n/statuses/1578360708127150080
https://twitter.com/machamikuro/statuses/1559383191680475136

yamaが顔を隠すことに対しては、好意的に受け入れている方が多い印象でした

特にyamaは自分自身が外見にコンプレックスを持っていると明かしているために、yamaが発する言葉や楽曲の歌詞に共感している人も多いのでしょうね。

またyamaが望む通り、先入観なく純粋にyamaの音楽を楽しんでいる人もたくさんいたので、顔を隠すことがマイナスに繋がるという訳ではないことも分かります。

一方で顔を隠すことに対して、次のような意見もありました。

yamaが顔を隠すことに対して否定的とまではいきませんが、賛成の意見ばかりではないことが分かります。

yamaのコンプレックスに対して理解はしつつも、yamaの楽曲でファンになっているからこそ素顔を見てみたいという意見が出てくるのも仕方がないことなのかも知れませんね。

yamaがアーティストとして活動するきっかけは?

yama
引用元:Instagram

幼い頃から歌が得意だったyama。

歌をうたうと家族に褒めてもらって嬉しかったことがきっかけとなり、歌うことそのものが好きになったと明かしています

「周りの友達は勉強が出来てスポーツが出来るけど、自分は何も出来ない」と感じていたyamaにとって、歌で褒められたことは自らが認められるとても大切な出来事だったんです。

そんなyamaはやがて中学生になると、家族が外出中にこっそりと宅録を始めます。

その頃のyamaは人前で歌うことは全く想定していなかったそうで、あくまでも趣味の範囲で楽しんでいたのだとか。

ちなみに当時歌っていたのはボーカロイド曲の「歌ってみた」で、2018年に「暖かい生き物」のカバー動画をyama名義でYouTubeに投稿し活動を開始しました。

さらに有名ボカロPである猫アレルギーの「bin」という曲のカバーをYouTubeに公開したことがきっかけで、2019年3月に三人組音楽ユニット「BIN」を結成します。

また2019年11月には、同じく有名ボカロPのくじらが発表した楽曲「ねむるまち」に、yamaがゲストボーカルとして参加しました。

この楽曲はSpotify「バイラルトップ50(日本)」で9位にランクインし、yamaの名前を一躍有名にしました。

この様な活動をしていく中で、ソニー・ミュージックレーベルズの藤原慎太郎さんに発掘され、yamaはソロアーティストとしての活動を開始します。

yamaの人気曲をご紹介!

yama
引用元:Twitter

ここまでyamaについてご紹介してきましたが、やはりyamaを知るためには楽曲を聴くのが一番です!

ということで、早速YouTubeでの再生回数が多いyamaの人気曲をご紹介していきましょう。

yamaの人気曲①春を告げる

yama
引用元:Twitter

2020年4月17日に発売され、yamaと言えば「春を告げる」と言われるくらい、yamaの全てが詰まった一曲です。

先程も少しご紹介した通り、既にストリーミング再生回数は1億回を超えた大人気曲で、ボカロPのクジラとタッグを組んだyama初のオリジナル楽曲です。

yamaの透き通るような歌声と曲の雰囲気がマッチして、聞き心地のいい一曲になっています!

yamaの人気曲②麻痺

yama
引用元:Twitter

2021年2月10日に発売された、Major 1st CD Singleです。

この曲は、アニメ「2.43 清陰高校男子バレー部」(フジテレビ)のオープニング曲として起用され話題にもなりました

またアニメ主題歌ということもあり、青春を感じる歌詞とテンポのよいリズムが聞きやすく、yamaの表現力の高さを感じる一曲です。

yamaの人気曲③a.m.3:21

yama
引用元:Twitter

yamaの4th Digital Singleで、こちらもボカロPくじらと楽曲制作を行った曲です。

yamaの歌声はもちろん透明感があっていいのですが、曲中に様々な効果音が入っているのも面白い曲ですよ。

ファンの間でも特に人気の高い曲と言われていて、何度も聞きたくなる曲と言われています!

yamaが顔を隠す理由に共感!まとめ

素顔を隠して活動するソロアーティストyamaについてご紹介してきました。

yamaは自身のプロフィールを全く公開していないため、素顔はもちろん年齢や出身地、性別等は一切明かされていません

ただ地声でインタビューを受けている様子等から、性別は女性ではないかと言われています。

なお本名については、yamaが結成している音楽ユニット「BIN」のメンバー紹介で自身のことを「山上」と言っていることから名字は山上ではないかと推測されていますが、こちらもyama自身が語っている訳ではないため正解は分かりません。

一方で素顔を隠す理由についてはyamaが過去のインタビューで語っていて、「人前に立つことが苦手」「外見等の先入観なく楽曲を楽しんで欲しい」という思いを持っていることも分かっています。

この様なyamaの考え方には共感する声も多く、コンプレックスを抱えながらも夢を叶えたyamaの姿は多くの人から支持を得ています。

またyamaは素顔を隠しているからこそ、楽曲に対する表現力や歌詞の世界観は唯一無二の存在感があります。

今後yamaは素顔を明かすことはないかも知れませんが、yamaがこれからどんなアーティストになっていくのかはとても気になるところです。

新たなアーティスト像を作り上げているyamaの今後の活躍が、とても楽しみですね!

/* */