アイドル

なんか違う?SixTONESのデビュー曲Imitation Rainが微妙と言われるわけ

この記事にたどり着かれた方は、すでにSixTONESのデビュー曲『Imitation Rain』をお聞きになられたことかと思います。

SixTONESのデビュー曲に関しては賛否両論の意見があるようで…
いろんな意味でこの『Imitation Rain』は意外というか衝撃を世間に与えてくれました。

デビュー曲公開から一体どんな議論が巻き起こっているのか!
そして僭越ながら本サイト管理人の意見もまとめさせていただきます。

Sponsored Link

【動画】SixTONESデビュー曲『Imitation Rain』

まずは復習を込めて、SixTONESのデビュー曲の動画を見てみましょう…!

Sponsored Link

『Imitation Rain』の作詞作曲はYOSHIKI

SixTONES, デビュー曲, YOSHIKI, 作曲, 紅引用元:Twitter

ご存知の通り。
公開前からSixTONESのデビュー曲はX JAPANの YOSHIKIさんが提供することは大きな話題となっていました。

『Imitation Rain』も歌詞に使われているワードや曲調にYOSHIKIさんの世界観が強く反映されています。

例えば歌詞の「紅に染まる」という部分はX JAPANの名曲『紅』を彷彿させます。

『紅』の動画を参考までに。
「紅に染まった〜」から始まるようになっています。

紅だけではなく、全体的に『Imitation Rain』というタイトル、Rainというテーマ、アンニュイな雰囲気、などなど。
YOSHIKIさんの目を通して見える世界なんだろうなと思わせます。

X JAPANには『ENDLESS RAIN』という名曲もあります。

Sponsored Link

SixTONESのデビュー曲を聞いて世間は

SixTONES, デビュー曲, Imitation Rain, 感想, 微妙, かっこいい引用元:Twitter

『Imitation Rain』を聞いた視聴者の方々の意見は割れています。

  • デビュー一発目の曲としては意外すぎるバラード
  • YOSHIKIの世界観が強い

大まかに言いますとこういった理由で「SixTONESのデビュー曲、微妙…」と思われているようです。

一方で、その意外すぎる曲調と新境地に挑むSixTONESらしい素晴らしいデビュー曲!という絶賛の声もまた多数見られます。

具体的にいくつか賛成反対の意見をTwitterからピックアップさせていただきます。

否定派:デビュー曲っぽくない!

SnowManとSixTONESどっちも大好きなグループだけど、デビュー曲が微妙。全く耳に残らないし、海外向けの曲なのかな?日本人には歌いやすいキャッチャーな曲が1番だよ。むしろグループ名が曲名とかの方が分かりやすいし、入り口として入りやすい気がする。誰も止めなかったのかしら?

ジャニオタの彼氏がスノストのデビュー曲めっちゃ楽しみにしてたのにバイト帰ってきてすごい元気なかったから理由聞いたら曲が微妙やから「期待しすぎたんかな。。。」って言うてた

肯定派:いっそSixTONESらしい

Sponsored Link

【まとめ】SixTONESデビュー曲ってどうなの

否定も肯定もある、それはつまり話題となっている、センセーションを起こしたということですよね。

確かに誰にでも受け入れてもらえそうなキャッチーさという意味で、『Imitation Rain』にデビュー曲らしさはないかもしれません。
『JAPONICA STYLE』を聞いた後のような、頭の中で無限再生が起こることもないかもしれません。
デビューから何年か経っているベテランのアイドルグループが今までと趣向を変えて、バラードに挑戦!って感じなんですよね。

しかし、ですよ。
今やデビューという定義があいまいな世の中ではないですか。
SixTONES自体もジャニーズJr.ユニットという立ち位置ではありながら、結成からすでに4年以上経ってるわけですし、オリジナル曲も持っている、MVビデオも発信している。

『Amazing!!!!!!』や『JAPONICA STYLE』はSixTONESの代名詞的な曲で、すでに存在しているわけです。

これまでのSixTONESとCDデビューするSixTONESとは違う切り口をこのデビュー曲で見せてくれたと言えます。

そもそも、SixTONESのよさは王道アイドルとは違う道をゆく、オリジナリティ。
SixTONESというグループは初見には分かりにくいアイドルかもしれません。
(知れば知るほど好きになるんだけどな!)
ぱっと見オラオラだし、20代のメンバーでお兄さん達なので普通のアイドル好きにはとっつきにくいんです。

『Imitation Rain』の大人の雰囲気、YOSHIKIさんによるプロデュースは、明らかに他のジャニーズグループとは違う層を掘り起こしていこうとしている狙い。
そして見事にSixTONESの魅力を開花させている、とみてもいいんじゃないでしょうか。

ファンだって他のアイドルグループがやっているようなことをSixTONESに求めてはいないはずです。
そういう意味では、SixTONESによる『Imitation Rain』は唯一無二。
SixTONESらしいデビュー曲と言えるでしょう。
何はともあれ、SixTONESのデビューを応援したいです!

あわせて読みたい
SixTONES, ストーンズ, メンバー, プロフィール, メンバーカラー, 身長, 年齢, ジェシー, 京本大我, 松村北斗, 田中樹, 森本慎太郎, 髙地優吾
SixTONESの魅力を解剖!メンバープロフィール,カラー,年齢,身長まとめ SixTONES(ストーンズ)はジャニーズJr.内ユニットの6人組アイドルグループ。 2020年CDデビューも決定し、勢いが増...

Sponsored Link