K-POP

LE SSERAFIM(ルセラフィム)ガラムのいじめの真相は?

ルセラフィムのガラム

あのBTSを排出したHYBE初のガールズグループとして、韓国のみならず世界中から注目を集め2022年5月2日にデビューを果たしたLE SSERAFIM(ルセラフィム)。

BTSに続き、TOMORROW X TOGETHER、ENPYHENまで…をヒットさせてきたHYBEから、ついにガールズグループがデビューするとあって、K-POP界からアツい注目を浴びて、華々しくデビュー!!…のはずが、、、

デビューを目前に控えたLE SSELAFIM(ルセラフィム)に、メンバーであるガラムに対する中学校時代のいじめ疑惑が勃発…!!

いじめ疑惑って?本当?!それともデマ…?!

ファンはもちろん、ファンでなくてもその真相は気になっちゃいますよね??

華々しいデビューを飾るはずだったLE SSELAFIM(ルセラフィム)に襲い掛かったガラムのいじめ疑惑の真相とは…?!

LE SSERAFIM(ルセラフィム)ガラムとは?

LE SSERAFIMのメンバー
引用:Pinterest


LE SSERAFIM(ルセラフィム) ガラム

本名:김가람 (キム・ガラム)
生年月日:2005年 11月 16日(17歳)
出身地:韓国
身長:170cm
家族構成:両親
学歴:ソウル公演芸術高等学校 (演劇映画科・在学)
MBT診断:ISTP(巨匠型)

LE SSERAFIM(ルセラフィム)のメンバーとして2番目に公開されたガラムは、2005年生まれの17歳で、魅力的なビジュアルと170㎝という高身長、独歩的なフィジカルで注目されました。

LE SSERAFIM(ルセラフィム)ガラム、脱退を発表

LE SSERAFIMのガラム
引用元:Pinterest

2022年7月20日、LE SSERAFIM(ルセラフィム)の所属事務所であるHYBE&SOURCE MUSICが、ガラムの契約解除を発表しました。


【HYBE、SOURCE MUSIC 公式コメント全文】

こんにちは。HYBE、SOURCE MUSICです。

LE SSERAFIMのキム・ガラムと、LE SSERAFIMの今後の活動計画について申し上げます。

当社は、キム・ガラムとの専属契約解除を決定しました。

キム・ガラムに関する議論により、ファンの皆さんをはじめとする多くの方々にご迷惑をおかけしたことを心からお詫び申し上げます。

今後、LE SSERAFIMは5人体制で活動する予定です。当社はLE SSERAFIMがアーティストとして継続的に成長する様子をお見せできるよう、最善を尽くして支援いたします。

ありがとうございます。

引用元:Kstyle


笑顔のガラムが戻ってくることと、LE SSERAFIM(ルセラフィム)の完全体を待ち望んでいたファンには、悲しく、なんとも複雑な気持ちになる結果となりました。

LE SSERAFIM(ルセラフィム)ガラムのいじめ疑惑はいつ起きた?

LE SSERAFIMのメンバー
引用:韓国日報

2022年3月28日0時、HYBE初のガールズグループとして、IZ*ONE出身の宮脇咲良とキム・チェウォンを含むメンバーで「LE SSELAFIM(ルセラフィム)」として5月にデビューすることが発表になりました。

IZ*ONE活動終了後の宮脇咲良とキム・チェウォンが一緒にデビューするとあって、WIZ*ONEをはじめ、多くのファンが歓喜し、デビューを待ち望みましたよね…!

そして、4月4日0時。

LE SSERAFIM(ルセラフィム)最初のメンバーとして、サクラ(宮脇咲良)のイメージと映像が公開。

翌4月5日0時、サクラ(宮脇咲良)に次ぐ2人目のメンバーとして、ガラムが公開されました。

LE SSERAFIMのガラム
引用元:kstyle

すると、同日中に多数のオンラインコミュニティなどに『ガラムが校内で様々な学生たちをいじめた』という主張とともに、彼女の過去の写真が相次いで提起されました…!

LE SSERAFIM(ルセラフィム)ガラムのいじめ疑惑の内容は?

LE SSERAFIMのガラム
引用:京畿連合新聞

ガラムと同じ中学校だったと主張したあるネットユーザーは「中学校の時に、他の学校でも有名だった」とし、「同級生をいじめた加害者」「後輩たちが挨拶をしなければ、フェイスブックメッセージで侮辱や脅迫をした」「タバコとお酒も当然した」と主張。 

また、ガラムとのやり取りとされる公開されたInstagramのDM画面のキャプチャーでは「ねえ、断ったら殺すよww」「(電話に)出ろよ、xxxめ」など、過激な言動が公開されました。

さらに、中学生時代のガラムとされる人物が写った何枚かの写真も公開され、衝撃とともに高い注目を集めました。

ガラムの同級生から擁護の証言も…!

一方で、ガラムの同級生と名乗る人物から、すぐに『誤解だ』という長文の擁護文も掲載されました!!

その中で、ガラムの同級生と名乗る人物は、「インターネットで起こっているガラムの議論に誤解があるようだ」とし、「黒板の写真は、絵が描かれたあと、当事者に“一緒に写真を撮ろう”と誘われて写真に写ったガラムが、黒板の絵に気付いた為に写真の削除を巡り携帯電話を奪い合って喧嘩をした、私にはガラムは被害者に見えた。」と証言しました。

「黒板の写真」というのがまさにこの写真です。

モザイクがかかっているため、一見するとこの写真のどこに問題があるのか判りにくいですが、実はモザイクがかかっている部分は卑猥な描写があり、ガラムが率先して絵を描き、その絵の前で進んで写真を撮ったかのように扱われていた1枚です。

LE SSERAFIMのガラム
引用:The Days

さらに、「クラスメイトと馴染めなかった私を気遣ってくれて、クラスメイトたちと仲良く出来るように配慮してくれた。中学校1年生のときに、周りに適応できるように手助けしてくれたのがガラムだった。」と、インターネットで議論されている内容とは正反対のイメージを与えました。

そして最後に「ガラムが学校暴力を行ったと主張している人たちで、証拠を提示した人がいますか?私にとっては、あんたたちが加害者であり、傍観者です。証拠もなくガラムを傷つけるのはやめてください。」と擁護しました。

LE SSERAFIMのガラム
引用:Twitter

LE SSELAFIM(ルセラフィム)、そしてガラムのファンにとっては実に嬉しい証言ですよね…。。

これまで、『いじめの加害者だ』とする内容とは、180度違うガラムについての証言に、どれだけ救われた人がいたでしょうか…(涙)

HYBE側の対応「ガラムはむしろ被害者だった」

LE SSERAFIMのガラム
引用:kstyle

そして、ガラムに対していじめ疑惑が巻き起こった翌日4月6日、HYBE側は「キム・ガラム関連疑惑について内部確認の結果、事実ではない」と立場を明らかにしました。

「昨日から一部のオンラインサイトを通じて該当メンバーに対する疑惑が提起され、これに対する内部確認手続きを進めた」と説明をしました。

さらに、「最近提起された疑惑は、該当メンバーが中学校入学後、友人関係を構築していた頃に発生した問題を巧妙に編集し、該当メンバーを悪意的に中傷した事案」といじめ疑惑を一蹴。

続いて「一部の主張とは異なり、該当メンバーは中学校在学時、悪意の噂やネットいじめなどの学校暴力の被害者だったことが第三者の陳述を通じて確認された」と伝え、ガラムのいじめ疑惑を否定しました。

LE SSERAFIMのガラム
引用:pinterest

つまり、ガラムを擁護をしてくれた同級生の証言通り、ガラムは加害者ではなく、被害者だったというのが、HYBE側の調査結果であり、HYBE側の正式な立場表明の形になった、という訳ですね。

これまで、幾度となく「学校暴力」や「いじめ問題」はアイドルだけではなく、俳優さんや女優さんにも巻き起こってきました。

『事実無根』とするケースから、事実を認めて謝罪をして活動休止をするケース、事実上の引退を余儀なくされるケースなど、その対応や結末は様々ありました。

しかし、今回のガラムの場合、『事実無根』を通り越して「加害者どころか被害者だった」という、ネットユーザーたちの主張とはまったく真逆のものでした。

そうなると、今回のガラムに対するいじめ疑惑事態が、当時起こったとされるネットいじめの「延長」ということになりますよね…。

LE SSERAFIMのガラム
引用:pinterest

そしてHYBEは、「当社は今回の疑惑がデビューを控えたアーティストを中傷しようとする悪意的な意図があると見て、本事案に関連した一方的で歪曲された主張や虚偽事実の流布に対してSOURCE MUSICが法的措置に着手したことをお知らせする」と強調しましたた。

また、「現在オンライン上で悪意を持って提起されている疑惑を基盤とした推測性報道は控えてくださることを強くお願いする」とし、「今ではデビューを控えた芸能人以前に未成年者のメンバーに対する人格冒涜的内容を盛り込んでおり、これを提起した主体に対して、いかなる合意や善処もなく法的措置を取ることを明確に申し上げる」と付け加えました。

LE SSERAFIMのガラム
引用:pinterest

ネットユーザーたちの相次ぐ書き込みももちろんですが、ネットユーザーたちの書き込みを基にした報道は、事実関係を明白にする以前のものであると言えます。

まるでそれが揺るぎない、明確な事実であるかのように誤解や錯覚をされる可能性を十分に含んでいますよね…。

いじめ疑惑渦中のデビュー〜ガラムの活動中断

LE SSERAFIMのメンバー
引用:kstyle

いじめ疑惑の渦中でデビューすることとなったLE SSERAFIM(ルセラフィム)。

ガラムは、気丈にもデビューショーケースのステージに…しかも、LE SSERAFIM(ルセラフィム)のセンターとしてステージに立ち、「これから頑張る姿をお見せしたい」と伝えました。

LE SSERAFIMのガラム
引用:pinterest

そして、夢に見てきた歌手としてのデビュー活動をスタートしたガラムでしたが、5月20日、活動中断が発表されました。

HYBEとSource Musicは、「当社はキム・ガラムと話し合い、しばらくの間活動を中断し、傷ついた心の治癒に集中することにした。回復後、復帰する時期までLE SSERAFIMは当分の間5人体制で活動する計画だ」と発表しました。

LE SSERAFIMのガラム
引用:朝鮮日報

事実はどうであれ、ガラムがデビューに向けて長い間努力をしてきたのは紛れもない事実ですよね…?

ガラムがいじめの加害者であるか否かという論議はさておき、いじめはもちろん絶対に許されない行為であることは間違いありません。

しかし、歌手としてデビューをするために努力をしてきた、という事実と、その努力が報われないのは、悲しいですよね…。

HYBEからの事実関係の公開と立場表明

LE SSERAFIMのガラム
引用:STAR IN NEWS

5月中旬、新たにインターネット掲示板にネットユーザーのA氏が「いじめ対策自治委員会の結果通知書」の写真を公開しました。

その中には「事案番号2018-3 いじめ予防および対策に関する法律第16条、第17条の措置事項を次のように通知します」「加害生徒1年3組キム・ガラム」「被害生徒1年2組」と明記されています。

A氏は、「ガラムやその友達の集団加害により転校を余儀なくされた」と主張。

これに対しHYBE側は、「被害を主張する当事者などが未成年者であることや、センシティブな個人情報などが知られることを考慮し、現在まで具体的な解明はしてきませんでした。」とした上で、「(ガラムが)一方的な加害者であるかのように歪曲されているため、これまで提起されてきた疑惑を正したいと思います。」とHYBE側の立場表明とともに当時の状況を説明しました。

LE SSERAFIMのガラム
引用:pinterest

HYBE側の説明によると…

「A氏が校内で、着替え中だったガラムの友人D氏の下着姿を盗撮し、拡散。このことに怒ったガラムを含む生徒たちが数人で抗議。」

「その際、ガラムと友人たちは、A氏と会って激しく抗議する過程で悪口を言ったりもしたために、A氏は自身の過ちを認めながらも、A氏1人に対してガラムと友人たちが多数で苦しめたことを理由に、自身を被害者として校内暴力対策自治委員会に訴えました。」

「その後、A氏本人は別の学校に転校してしまったために、その結果、キム・ガラムと友人1人が校内暴力対策自治委員会の処分を受けることになった。」と反論。

LE SSERAFIMのガラム
引用:Pinterest

また、校内暴力対策自治委員会に関わる事件に巻き込まれた後、出処のわからない噂が広められたり、強制招待されたチャットルームで暴言を吐かれるなどのいじめに遭って来たことも公表し、「ガラムもいじめの被害者だった」と明かしました。

LE SSERAFIM(ルセラフィム)ガラムのいじめ疑惑の真相

LE SSERAFIMのガラム
引用:pinterest

「校内暴力対策自治委員会」でガラムが『加害者』とされた点については、被害を受けた友人のために起きた口論で悪口を言ったことで、被害を訴えているA氏が脅威を感じるように行動してしまったことが原因だったようです。

この点に対して、悪意はなかったとは言え「当時の未熟な行動をガラム本人も過ちを認め深く反省しています。皆さまの寛大なご理解をお願いいたします。」と、HYBE側からもガラムの過ちを認め、お詫びのコメントが掲載されました。

LE SSERAFIMのガラム
引用:Pinterest

しかし、その他SNSと一部オンラインコミュニティを中心に主張されている疑惑については否定をした上で、主張されている疑惑の多くはガラムが中学生だった当時、悪意を持って広められたデマであるとHYBEが表明しました。

ガラムからのいじめ被害を訴えたA氏にとっても、きっかけが自身の過ちであったとしても、ガラムやその友人たちの多数から抗議に遭ったことは、自身を被害者だと感じざるを得ないことだったのかもしれませんね…。

LE SSERAFIMのメンバー
引用:pinterest

そして、当時解決したはずのこの事件で、また改めて加害者だと責められ、当時広められた噂のように虚偽事実によってガラムが苦痛を受けることも、想像に難くないですよね…。


活動休止発表の5月20日からちょうど2ヶ月。
デビュー間もない活動休止に心を痛め、『ガラムの復帰』と『LE SSERAFIM(ルセラフィム)完全体の復活』をひたすら信じて待っていた私たちにとって、ガラムの脱退は是が非でも避けて欲しかった終結でした。

きっと、多くのことを諦めて、たくさんの努力の末にようやく掴んだ夢。
その入り口で扉を閉ざされることになったガラムの心情を想像するだけで、胸が締め付けられる思いですね…。

LE SSERAFIMのメンバー
引用元:Pinterest

悲しい終結、望んでいなかった形とは言え、ひとつの収束を迎えたガラムのいじめ問題

私たちが出来ることは、これからのガラムの人生がより輝くものであるように祈ること、そして、5人となったLE SSERAFIM(ルセラフィム)をこれからも変わらず、いえ、これからももっともっと応援することですね!

関連記事  LE SSERAFIM(ルセラフィム)の日本人メンバーカズハとは!人気の理由は?
jaJapanese