芸人

大沢たかお、日本のタブーに触れる衝撃の漫画『沈黙の艦隊』実写化への思い

大沢たかおさんは、日本のタブーに触れる衝撃の漫画『沈黙の艦隊』の実写化プロジェクトにおいて、主演およびプロデューサーを務めました。彼はこのプロジェクトに対する強い思いを持っており、かわぐちかいじによる原作の漫画が持つスケール感やテーマを、映画という形でどのように表現するかについて、大きな挑戦だったと語っています。

『沈黙の艦隊』は、日米関係や国防など、デリケートな問題を扱っている作品であり、実写化に当たっては、そのタブーに切り込む内容をどう映像化するかが大きな課題でした。大沢さんは、実写化が無謀だと感じつつも、現代の技術とクリエイティブな手法を駆使して、原作の持つ緊張感やメッセージを忠実に再現しようと努力しました。

映画は、原作の連載開始から約30年の時を経て、2023年9月29日に公開され、日本最高峰のクリエイターたちによって映像化された大作として完成しました。大沢たかおさんは、この映画を通じて、観客に深い印象を与えるとともに、社会的な議論を呼び起こす作品を目指したとされています。(大沢たかお、日本のタブーに触れる衝撃の漫画『沈黙の艦隊』実写化への思い)

緻密な潜水艦のセット

「沈黙の艦隊」という漫画は、かつて社会現象となった作品である。1988年から1996年まで『モーニング』で連載され、そのテーマ性の高さと世界規模の予測不可能なストーリー展開によって多くのファンを獲得した。この秋、30年以上の時を経て、実写化されることが決定した。

物語は、限りなく現実に近い架空の現実世界を舞台に展開する。日本近海で海上自衛隊の潜水艦がアメリカの原子力潜水艦に衝突し、沈没するという衝撃的な事件が発生する。しかし、この事故は日米両政府による偽造工作であり、真の目的は極秘に建造した高性能原潜〈シーバット〉に、海上自衛隊員たちを秘密裏に乗務させることであった。物語は、海江田四郎という海自一の操艦を誇る艦長を中心に展開し、三者の思惑が複雑に絡み合っていく。

『沈黙の艦隊』は、長年「実写化不可能」と目されてきた作品である。しかし、本作の制作チームは、その圧倒的なスケールに打ち勝ち、壮大な世界観を作り上げた。

特に、潜水艦内部のセットは、緻密さが際立っている。このセットは、作者であるかわぐちかいじ氏自身も訪れ、その完成度に大変満足したという。

大沢たかお氏は、かわぐち先生がこのセットに対してどのような心境であったかについて語っている。「大がかりなセットになるため、丁寧につくることができるのか、ご不安があったのだろうと思います。けれども、実際にセットを見にいらして、すごく喜んでくださり、安心していただけたのかな、と思いました。」

また、かわぐち先生がリサーチをあまりしていなかったというエピソードもある。かわぐち先生は、防衛省や海上自衛隊の人に話を聞いたり、潜水艦の現物を見に行ったりといったリサーチをほとんどしていなかったそうだ。それでも、公開されている書類や写真を見ながら、あの壮大で緻密なストーリーを考え出したというのだ。

『沈黙の艦隊』の潜水艦内部のセットは、その細部まで緻密に作り込まれている。以下に、そのセットの特徴をまとめる。

特徴説明
細部まで再現された機器類潜水艦内部には、多くの機器類が存在する。本作のセットでは、それらの機器類が細部まで再現されている。
無駄のないレイアウト潜水艦内部は狭い空間であり、レイアウトが重要である。本作のセットでは、無駄のないレイアウトが採用されている。
照明の演出潜水艦内部は暗い空間であるため、照明の演出が重要である。本作のセットでは、照明の演出が見事に行われている。

以上のように、『沈黙の艦隊』の潜水艦内部のセットは、緻密かつリアルな再現が行われている。

大沢たかおが語る『沈黙の艦隊』実写化への思い

『沈黙の艦隊』は、かつて社会現象となった漫画である。1988年から1996年まで連載されたこの作品は、そのテーマ性の高さと世界規模の予測不可能なストーリー展開によって人々を魅了した。そして、今秋、30年以上の時を経て、この作品が実写化されることになった。

物語の舞台は、限りなく現実に近い架空の現実世界である。日本近海で起こった海自の潜水艦とアメリカの原子力潜水艦の衝突という衝撃的な事件をきっかけに、三者の思惑が複雑に絡み合っていく。この作品は、読者を緊張感あふれるストーリー展開に引き込み、その魅力に多くの人々が夢中になった。

『沈黙の艦隊』の制作チームは、潜水艦内部のセットを緻密に再現することで、映画の世界観をよりリアルに表現することができました。これにより、観客はまるで潜水艦に乗り込んだかのような臨場感を味わうことができました。

上の世代の決定に振り回されるのを嫌悪した

海江田は、上の世代の決定に振り回されることを嫌悪している。彼は、現在の問題が大きくなったときに、影響を受けるのは若い世代だと考えている。そのため、大人たちが決めたことに疑問を持ち、突飛な行動を起こすことがある。彼は自分の使命感から、イチかバチかの勝負に出ている。

海江田が突飛な行動を起こす理由は、現状を悪くしようと思っているわけではない。彼は、若い世代が受ける影響を考え、自分なりの解決策を模索している。大人たちは、彼の行動に疑問を持つかもしれないが、若い世代からは、もっとやれという声が聞こえてくるかもしれない。

海江田の行動は、若い世代に受け入れられやすい。彼は、自分の考えを持っているため、若い世代からの支持を受けている。若い世代は、海江田の行動に共感し、彼を応援している。それは、今世界で問題が頻発している中で、若い世代が自分たちの未来を考え、自分たちの手で未来を切り開こうとしているからだ。

海江田の行動は、上の世代にとっては理解しがたいものかもしれないが、若い世代にとっては、自分たちの未来を切り開くための一歩として受け止められている。彼の行動は、若い世代にとって、希望となる存在であり、彼ら自身の行動につながっていくことだろう。

核や戦争について考えるきっかけに

映画『やまとなでしこ』は、激しい戦闘バトルと優雅なクラシック音楽の鮮やかな対比が魅力のひとつである。しかし、この映画はあくまでエンターテインメントの枠組みの中で、核や戦争に対する疑問を突き詰め、現実を直視した主人公がいることを伝えることを目的としている。

制作チームのなかでも、核や戦争に対する考え方はバラバラである。しかしながら、世の中がマイナスになることは望ましくないし、次世代の子どもたちがより良い暮らしを送れるように願っていることは、制作チームだけでなく、世界中の人々に共通していることである。

戦争がなくならない現状について、多くの人々が疑問を抱いている。しかし、自分たちの生活に追われる中で、何となく見て見ぬふりをしてしまうことが多い。映画『やまとなでしこ』は、核や戦争について考えるきっかけを提供する作品である。

映画の中で、主人公であるやまとが戦闘中にモーツァルトの交響曲を大音量で海中に響かせるシーンがある。このような五感を包まれるような映画の悦楽の中にも、私たちが向き合わなければならない現実の問題が潜んでいる。

核や戦争について考えることは、決して楽しいことではない。しかし、映画『やまとなでしこ』が提供するきっかけを通じて、私たちは現実を直視し、問題に向き合うことができるかもしれない。

関連記事  ぺこぱシュウペイは元ギャル男?ジャニーズ合格した高身長イケメン芸人
/* */